中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

「11月度特別人生塾のご報告」テーマ 『就職活動における経験と今後のビジョンについて』 

会員各位
                   
      「11月度特別人生塾のご報告」
    
今回は、現役学生(4年生)で経済学部 ビジネスマネジメント学科の川上健太郎さん(64期)に就職活動や学生生活、花王に就職してからの今後のビジョン等について、お話しいただきました。

3

川上さんは、陸上競技部(10年)、アルバイトで塾講師(4年)、珠算(8年、3段)、ピアノ(6年)、習字(6年)と何でも長く続けられており、大学では、妹尾ゼミで管理会計学を勉強されました。

2

企業選びの軸は、①自分の強みと得意分野を活かせること、②多くの人に役立つこと
業界選びの軸は、①数字を扱うこと、②お金に携わる金融かメーカーの経理とのことで、
就職活動で重要なことは、①会社との相性、②自分自身の就活をする(自分の将来をしっかり考え、自分のペースで進める)とのことでした。

花王に決めたポイントは、下記の花王の経営理念(通称、花王ウェイ)に共感し
経理担当者として、正確性が求められ、責任が重い仕事をしたいという以外に
社内でお話しをした担当者の真剣さや受付の方の対応も良かったためとのことでした。

・よきモノづくり
・正道を歩む

将来の花王でのビジョンを下記のように考えられており、しっかりした学生だなという印象を持ちました。

①工場で現場を知る
②専門知識を身につける
③最終的に管理部で予算作成をしたい
 会社の方向性を支える経理担当者を目指す!

大学での勉強が就職後も活かされる職場なので、今後のご活躍も期待したいです。
川上さん、今日は和歌山からお越しいただき、どうもありがとうございました。

参加者:13人

文責:人生塾実行委員長 小柴学司(39期)

1
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

10月度いきいき人生塾の報告『悪質商法啓発劇団「イースターズ」を立ち上げて~活動状況と反応~』

10月度いきいき人生塾の報告

2015年10月21日(水)18:30~20:30

講師 :香川弘さん(9期)
テーマ:『悪質商法啓発劇団「イースターズ」を立ち上げて~活動状況と反応~』

今回は9期の香川弘さんに第2の人生での悪質商法啓発劇団『イースターズ』の活動について映像を交えてお話しいただきました。

香川さんは退職後、「健康生きがいづくりアドバイザー資格」を取得し活動を開始すると同時に、キャリアと人脈を生かし不動産賃貸仲介業を開業します。

兵庫県健康生きがいづくり協議会の活動を通じて、平成17年に劇団『イースターズ』を結成し、団長をされています。結成の経緯は、多くの中高年が悪質商法の被害に合い、生きがいも健康も失う姿を目のあたりにして防犯活動が必要と考えたことにあります。
先行する見本もなく、ゼロからのスタートで大変苦労されました。

最初は小さな公民館等へ、次第に大きな会場・団体へ広げていき、最近では口コミ・紹介・HP閲覧者などからの直接オファーが増えています。

DVDを15分上映し、『イースターズ』の公演の様子を観賞しました。コントを交えて、騙す側・騙される側の様子がよくわかり、たいへん優れた啓蒙活動であること
があらためてよくわかりました。

平成25年12月、故郷の淡路島、洲本市文化体育館『しばえもん座』で行われた<消費生活講演会2013>では、森永卓郎さん(経済アナリスト)の講演『暮らしとお金の話『進む格差社会を賢く生きる』と劇団『イースターズ』のコント劇:だまされたらアカン「なりすまし詐欺(還付金)編」が行われました。
会場には500人の方が集まり、小・中・高の同級生から花束が贈られ、感無量だったそうです。

『イースターズ』の活動
○演目<だまされたらアカン>シリーズ
1、振り込め(オレオレ)詐欺編
2、リフォーム詐欺編
3、なりすまし(還付金)詐欺編
4、耐震工事編
○公演実績:通算79回
○授賞
1、兵庫南県局長「地域づくり活動奨励賞」平成19.2.11
2、兵庫県知事「ひょうご県民ボランタリー活動賞」平成22.10.16
3、全国消費者団体連絡協議会 「生き生き消費者行政パートナーシップ賞」平成23.5.31

公演の依頼も受け付けています。
兵庫県健康生きがいづくり協議会
06-6432-007

人生90年時代。
心身共に健康であるために、有意義なセカンドライフを送ること。
元気な高齢者が高齢者の暮らしをサポートをする社会。
大変勉強になりました。
香川さん、ありがとうございました。これからも頑張って活動を続けてください。

参加者 10名
文責 菓英一(46期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

9月度いきいき人生塾の報告、テーマ:「浪花しゃれことば」考

9月度いきいき人生塾の報告

2015年9月25日(金)18:30~20:30

講師 :木田済藏さん(14期)
テーマ:「浪花しゃれことば」考

今回は、14期の木田さんに「浪花しゃれことば」考というテーマで、船場言葉や上方落語、上方文化についてお話しいただきました。

1443264008112.jpg

「船場言葉」
太閤秀吉の時代に船場に集められた商人たちはたいへん上品で独特の言葉を遣ったようです。
おいど(居所)
おかき(かき餅)
おかず(数物)
おこわ(強飯)
おつくり(つくり身)
おでん(でんがく)
だんさん・だなはん(主人)
ごりょんさん(主人の妻)
ぼんさん・ぼんぼん(主人の息子)
ばんとはん(番頭)

「浪速しゃれ言葉」
船場の商人はユーモアで薄めて曖昧に自己主張をしたようです。そのユーモアの一つが「浪速しゃれ言葉」です。
ケチな人のことを。➡「春の夕暮れですなぁ。暮れそうで暮れませんなぁ。」みたいな感じでしょうか。
大阪で使われていたしゃれ言葉はかなり多くあったようで、その中から木田さんのセレクトしたものを一覧にして配布してしていただきました。(画像)
黒犬のおいど ➡ 尾も白くない ➡ 面白くない
牛のおいど ➡ モーの尻 ➡ 物知り
夏の火鉢 ➡ 誰も手を出さん ➡ 不人気
夏の蛤 ➡ 身腐って貝腐らん ➡ 見くさって買いくさらん
下手な将棋 ➡ 金銀持って苦しんでいる ➡ 貧乏人の銭失い
風呂屋の釜 ➡ 湯ばかり ➡ 言うばっかり
魚屋のゴミ箱 ➡ あら溜まってる ➡ 改まっている

http://www7a.biglobe.ne.jp/~enami/naniwa.html
1443264009121.jpg
間で理解度テストもあり、木田さんの話術と文化への知識の豊富さでたいへん盛り上がりました。

「しゃれ言葉」。日常で使えたらお洒落だし、コミュニケーションが円滑になるような気がするので、訓練しようと思いました。

参加者 16名
文責 菓英一(46期)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

8月度いきいき人生塾の報告『「般若心経」には漢字で何が書かれているのか?』

8月度いきいき人生塾の報告

2015年8月28日(金)18:30~20:30

講師 :早島則彦さん(14期)
テーマ:『「般若心経」には漢字で何が書かれているのか?』

今回は14期の早島さんに『般若心経』に並んでいる「漢字」ついて、その世界観について、お話しいただきました。

学生時代から漢字への興味があり、大学でも中国語を選択し、今は定期的に『般若心経』の勉強会を行っているそうです。

暗唱されたり、写経されたりする人は多くおられますが、内容を理解するのは難しく深い。

そんな『般若心経』の世界観を知ろうと勉強されていることをご披露いただきました。

「摩訶/般若/波羅蜜多/菩薩」、原典の意味をきちんと翻訳しながら語音も近いたいへん優れた翻訳であること。
「五蘊(色、受、想、行、識)」の解釈。
「空」の世界観。
「不生不滅 不垢不浄 不増不減」の解釈、無常観。

20150828.jpg

「般若心経」とどう付き合えばいいのか?
世界観が理解できなくても、<覚え/書き/読む>に十分意義がある。
「故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶 般若心経」
というご意見もありました。

早島さんは、「般若心経」の心はそれを唱えたら救われるというような他力本願なものではなく、自分でできる限りの努力を尽くしたうえで拠り所にするものだと考えているとおっしゃていました。

今回は14期の皆さんが多くお越しいただきました。
またよろしくお願いいたします。

参加者:13名

文 責:菓 英一46期
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2015年1月度研究わくわく人生塾「会社法の改正と今後の課題」の報告

2015年1月26日(月)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師: 清弘正子(きよひろ まさこ)准教授
経済学部 市場環境学科
     
大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程修了
      博士(国際公共政策)
清弘先生
     
受講者 10名

「会社法の改正と今後の課題」

先生は、株主総会における株主の権利について、フランス会社法との比較を中心に研究されています。

2015年共著の「新会社法の基礎」も好評で、2014年6月の会社法改正法の成立を受けて、
改正のポイントや課題について、特に多重代表訴訟制度の新設を中心に、今回お話をいだきました。
先生に話して頂いた講義のポイントを皆様へレポートいたします。

1.今回の改正では、①企業統治(コーポレート・ガバナンス)の強化に関して、特に、社外取締役
や社外監査役の要件が強化され、また、社外取締役を置くことが相当でない理由の説明が必要となった。

2.②親子会社に関する規律の整備が行われ、多重代表訴訟制度が新設され、③その他、機動的な
キャッシュ・アウト(金銭による少数株主の追出し)を可能にするための、特別支配株主の
株式等売渡請求制度が創設されるなどの改正が行われた。

3.これまでの制度では、子会社取締役の任務懈怠によって持株会社株主に損害が発生した場合でも、
持株会社株主は、持株会社の取締役等の責任追及しかできなかった。しかし、子会社管理に関する
親会社取締役の任務懈怠の認定はなかなか簡単ではない。

4.今回、多重代表訴訟制度が新設され、一定の要件を満たした場合に、最終完全親会社等の株主が、
完全子会社に代わって、子会社の取締役等の当該子会社に対する責任(特定責任)について追及する
訴訟を提起できるようになった。

5.通常の株主代表訴訟と異なり、持株要件が課されている。総株主の議決権等の100分の1を
6ヶ月前から引き続き保有する株主でなければならない。この持株要件が課された理由については
疑問もあり、検討が必要である。

6.対象となるのは、重要な完全子会社である株式会社の取締役等の責任である。完全親会社の
有する完全子会社の株式の帳簿価額が小さい場合には、対象とならない。完全親会社株主への
影響が小さいからである。

7.特定責任の原因となった事実によって最終完全親会社等に損害が生じていない場合は、この
代表訴訟を提起することはできない。

清弘先生講義

清弘正子先生、会社法に関しては、なかなかわかりにくい点も多い中、かみ砕いて説明いただき、
最近のニュースや新聞の理解に役立っているとの声もいただいております。
確かに、ある製造業の不適切な会計処理などの報道も、今回の講義を通じての実際の企業の動きが少し
わかってきたように感じます。
分かり易い講義資料も有り難うございました。

共著:『新会社法の基礎(第3版)』加藤徹=相原隆=伊勢田道仁(編)(共著)2015年 


*開催済みの研究わくわく人生塾の内容です。ご覧下さい
  http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-801.html
  http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-792.html
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-831.html
  http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-836.html
  http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-861.html
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-925.html

     文責:塾長 渡邊豊
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2015年5月20日研究わくわく人生塾:「コスト・パフォーマンス競争から見た日本企業の課題」

2015年5月20日(月)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師:高 瑞紅 (こう ずいこう)教授
経済学部 ビジネスマネジメント学科教授

      神戸大学経営学部 経営学科
      博士(商学)
高先生-1
 
受講者 10名

「コスト・パフォーマンス競争から見た日本企業の課題」

先生は、国際経営学がご専門で、多国籍企業の中国における国際購買オフィス(IPO) に焦点をあてて、
IPOの役割とグローバル調達戦略に与える影響などについて研究を進めています。
先生は、 日本の技術は世界一だが、グローバル・ビジネスで遅れをとっている現状を顧客価値の視点
から分析され、新たな競争戦略を考えられています。
先生に話して頂いた講義のポイントを皆様へレポートいたします。

1.日本は世界競争力において、1989年から93年までは第1位であったが、2001年には
第26位まで転落した。

2.日本企業のものづくり能力は今でも世界最高レベルだが、利益や付加価値で表される価値づくり
が苦手である。

3.日本企業はかつて、価格に対する性能優位性で国際市場で地位を築いてきたが、韓国・台湾・中国
も同じ戦略(コスト・パフォーマンス)で追い上げてきた。

4.コスト・パフォーマンス競争では、顧客にアピールしやすいし、レーダーチャートで自社の弱点
もわかり研究開発投資も定めやすい。

5.コスト・パフォーマンス競争では、後発の競争相手がすぐに追いついてくるので、これまでの
戦略では難しい。

6.コスト・パフォーマンス競争では発想の転換が必要。例えば、人件費・まねる・素材や部品の
調達コスト削減などは、商品を分解し分析すれば後発が優位に立てる。

7.ものづくりを如何にうまくやるかという日本企業の強みと、ものづくりを如何に価値づくりに
結びつけるか、という日本企業の不得意分野が技術経営の大きな2大テーマである。

8.コスト・パフォーマンス競争は、低価格が善なので継続的コストダウンが不可欠だが、高価格
を志向する顧客価値を高めるブランド戦略、高く売れる戦略が日本企業には必要となる。

9.高価格がかえって商品の魅力を高めるという側面に注目した、グローバルマーケットで認めら
れる日本のブランド商品を増やすことが重要。(例えば、ルイヴィトン、エルメス、シャネル、
無印良品など。)

10.コンセプトカーや顧客を絞り込む戦略、サービスのバンドリングなどで高付加価値を実現して
いる企業が日本でも出てきている。(例えば、日立や三菱の鉄道事業、小松の鉱山無人運転など)

高先生講義風景
参加者の方々は、中国での勤務経験の話や中国語での会話などで盛り上がりました。
先生は、以前広東の日系企業で働いていて、日本の大学の企業研究に触発され、縁あって日本に留学し、
その好奇心と分析力で研究成果を納めてこられたようです。先生の好きな言葉である
「読万巻書、行万里路、交四方友」(万巻の書物を読み、万里の路を行き、四方の友と交わるべし)
を実践されている姿にもっと中国について教えて欲しいの声が多かったです。
鋭い企業分析と分かり易い講義で新しい発見がいろいろありました。

高先生、ご多用なところ資料の作成や著書『中国企業の組織学習』の寄贈もいただき
有り難うございました。

著書:
『中国企業の組織学習』中央経済出版社、2012年 7月


『日系自動車メーカーの中国戦略』「第4章 中国地場自動車メーカーのキャッチアップと課題」
東洋経済新報社、2015年3月


*開催済みの研究わくわく人生塾の内容です。ご覧下さい
  http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-801.html
  http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-792.html
http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-831.html
  http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-836.html
  http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-861.html
     文責:塾長 渡邊豊

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

7月度いきいき人生塾『明治維新と天誅組』の報告

2015年7月15日(水)

『明治維新と天誅組』
講師:中垣芳雄さん(19期)

今回の人生塾は、19期の中垣芳雄さんに『明治維新と天誅組』と題して、明治維新への歴史と天誅組についてお話しいただきました。

ペリー率いる黒船来航が<1853年>。それからたった10年で日本を動かす力が(幕府)から(雄藩)に移る。そして<1867年>に大政奉還。
この激動の時代の出来事と天誅組について、中垣さん作成の年表を見ながら話を進めました。

1853年ペリーが来航し開国を要求、それにどう対処するべきか幕府では判断ができず、天皇や各藩の大名に意見を求めた。江戸幕府が始まって以来、藩に意見を求める
ようなことはこれまでになく、このことが激動の時代の引き金になります。

天誅組は1863年8月13日から9月25日までの、非常に短い間で旗揚げし終焉に向かっています。挙兵時には天皇の詔勅による皇軍だったが、8月18日の大和行幸の詔勅の取り消しによって、突如、賊軍になってしまいます。賊軍になった天誅組は、総力を結集した幕府側に追われることになり、敗走していきます。

日本は義務教育で歴史を古い時代から丁寧に教え、近い時代はさらっと流す教え方をしている。しかし、明治維新・大戦・戦後の復興といった近い過去をもっと教え、
もっと知る方がいいのではないかという意見も出ました。

明治維新は現在から200年前までの話で、もっと我々が詳細に知っていてもよさそうなのに、知らないことが多いように思いました。
たいへん勉強になりました。

参加者:9名

文 責:菓 英一46期
20150715①
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2015年4月度 人生塾「大阪都構想について」の報告

2015年4月度 人生塾の報告

2015年4月22日(水)

社会の問題を取り上げ、皆で意見を出し合う会

今回のテーマは「大阪都構想について」

8期から46期まで参加者10名で、各5分、「都構想」ついての賛否や意見、疑問点を話
していただきました。
そこから弁当とビールを飲みながら、約1時間、全員で意見交換を重ねました。

・どっちでもあまり変わらないのではないか
・道州制にどうつながるのか?
・橋下さんに権力が集中するのが危険
・関西の活性化につながる
・都構想で関西の経済がよくなるとは思わない
・一回バラバラにした方がいい、変わるチャンス
・大阪で大きなことが起こるのは楽しみ
・具体的なことがわからない
・きちんと説明がなされていない
・大阪市の市民は関心が高い

皆さんの意見を総合すると
①目的:二重行政の無駄をなくし、大阪を豊かにする。
②手段:大阪市を廃止し、五つの特別区にする。は伝わるが、
③その結果具体的にどう変わるのかが伝わってこない。
という感じだったと思います。

ぜひこちらをご覧の皆様もご都合がつけばご参加ください。
柑芦会員だけでなく、学生、他学部も大歓迎です。

人生塾/社会の問題を取り上げ、皆で意見を出し合う会の次回は7月15日(第三水曜日)を予定しています。


文責:菓 英一46期
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

平成27年3月度「ビジネス人生塾」のご報告

平成27年3月度「ビジネス人生塾」のご報告

今回は、講師なしで旬のテーマについて参加者からご意見を頂戴する人生塾第2弾
として、「TPP」をテーマにお話しいただきました。

TPPは、環太平洋戦略的経済連携協定のことですが、現在、加盟国と交渉国を合わ
せた12カ国で24分野について、話し合いがなされています。
参加国のうち米国と日本が、参加国全体の8割の経済規模になっているので、日米協
議が全体の鍵を握っています。

TPP参加にネガティブな農林水産省の試算では、TPPに参加すると「雇用が340万人減る」、
「食料自給率が40%→13%に」となっていますが
政府の試算では、TPPに参加すると「GDPが年間2700億円増える」となり、
経済産業省の試算では、「TPPに参加しないと雇用が81万人減る」となっています。

参加者からは、最も深刻な影響を受けるであろう農業分野について、下記のような意
見がありました。

・補助金を出していてはいつまでたっても農業は強くならない
・政府は専業農家のみ支援して、大規模化をサポートすべき
・休耕地が多すぎるので、農地の宅地転用を進めるべき

因みにほとんどの参加者は、TPP参加に賛成で、日本の得意分野である自動車の輸
出以外に負け組意識のある農業分野についても輸出を視野に入れて、競争力のある農
産物の開発や売り込みに力を入れるべきという話になりました。

後半は、今後の人生塾のテーマについて話が進み、「戦争体験をされた先輩から話を
聞いてみたい」ということで盛り上がりました。

今日は参加者が6名とちょっと少なかったですが、その分参加者の皆さんから積極的
な意見が聞けてよかったです。

文責:小柴学司(39期)
002_20150323151943eb5.jpg

中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2015年1月度、新企画講師無し人生塾「消費税増税延期について」

2015年1月度 人生塾の報告

2015年1月21日(水)

新企画! 講師は無し/社会の問題を取り上げ、皆で意見を出し合う。

今回のテーマは「消費税増税延期について」

IMG_20150121_203544567_201501241516216f5.jpg

8期から49期まで参加者12名で、各5分、自己紹介とテーマについてのご意見をいただきました。
そこから弁当でビールを飲みながら、約1時間、全員が発言いただき意見交換を重ねました。

・1000兆円の負債と社会保障制度の問題を解決するためには、増税はやむを得ない
・消費税増税よりも先にやるべきことがある
・1000兆円の負債も資産とのバランスなどを考えると深刻な問題ではない
・人口減少の対策に移民を受け入れる体制をつくるのがいい
・中小企業では消費税増税は大きな問題
・個人としては世代間格差是正のため消費税増税は受け入れる
・2%の増税をしたかしないかで景気に影響などほとんどない
・延期は景気対策より政治的なもの
・宗教法人や富裕層にもっと課税すればいい

「消費税増税の延期」というテーマがもうすでに過去のものだったので、「今後の消費税増税」「社会保障」「世代間格差」「公平な負担とは」と広く意見交換が行われました。

(講師は無し/社会の問題を取り上げ、皆で意見を出し合う)という新企画については
・2か月前にテーマが告知されることで参加するために自習ができる
・違う立場、違う世代の方の意見が聞けて有意義
・司会がタイムキーパーをすることで偏りなく皆の意見が聞けてよかった
・自分と違う意見についても皆紳士的でよかった
・一人の方の話を90分聴くより楽しい

第1回は好評だったと感じています。

ぜひこちらをご覧の皆様もご都合がつけばご参加ください。
柑芦会員だけでなく、学生、他学部も大歓迎です。

4月22日(水)には「大阪都構想の是非」というテーマで(講師無し人生塾)予定し
ています。

                                文 責:菓 英一46期


中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2014年12月度 いきいき人生塾の報告

2014年12月度 いきいき人生塾の報告

2014年12月10日(水)

「物事すべてやってみないとわからない」
 ~今、和太鼓と生きる~

講師:辻 均 氏(20期)
http://www.hotdaiko.jp/index.html

DSCN2814.jpg


今回は、神戸支部幹事長の辻均さんにお越しいただきました。

辻さんはご自身の性格を次のように分析されています。
①人間大好き
②好奇心旺盛で興味を持ったことは深い部分まで掘り下げていく
③何もしないのが苦痛

そんな辻さんは大前研一さんが好きで
①やりたいことは全部やる
②人が出来る事は必ず自分にも出来ると信じて挑戦する
③62歳以降は仕事以外のことに関わる
④一生燃焼する、を「私の主義」としておられます。

昭和47年に大学を卒業し、就職した東急不動産で仲介営業で活躍された辻さんは、不
動産仲介は小資本でもできる仕事、自分の力でどれだけできるか独立したいと考え、
昭和54年に入社7年で退職、開業。
辻さんが考えた<小資本の仲介業者が大手に勝つ戦略>が、住宅公社・公団の分譲マ
ンションに特化することです。
一つの校区などエリアの中で、賃貸から中古分譲マンション、中古分譲マンションか
ら一戸建てとすごろく式に住宅をステップアップしていくことに目をつけ分譲マン
ションに特化。
分譲マンションのオーナーは売主にも買主にもなり、仲介手数料を両方獲得できる。
大手が単価の高い物件に注力し、事務手続きが煩雑な公社・公団の物件は敬遠しがち
なことから、案件が集まり資金作りに大成功します。
その資金を元に昭和60年からは建売事業に進出、顧客志向の住宅提供を一貫してでき
るようにと平成13年からは自社で設計・工務部門を立ち上げハウスメーカーになり、
高性能省エネ住宅を大手に先駆け着手します。
その後、姉歯偽装事件、リーマンショックとご苦労も経験しながら、ご自身のお考え
通り62歳、平成22年に社歴30年で引退されます。

引退されるまでにご経験されていた趣味がたいへん多く、中学時代のアマチュア無線
/高校時代のバンド活動/釣り/写真/ゴルフ/陶芸/クルーザー/スキューバーダ
イビング/スキー/家庭菜園/バイク/和太鼓/木工/尺八/寄席主催/ジョギン
グ・マラソン。
その中でも自身の性格・主義にマッチする趣味として、「和太鼓」に引退後最も
力を注いでいます。
どのくらい注いでいるかというと・・・倉庫に使っていたスペースをスタジオにし、
和太鼓を17台揃え、「ホッと太鼓」という和太鼓グループを作り、和太鼓を愛する同
志を募集し、その団長としてメンバーと一緒に全国で舞台公演をしています。
その投資額、費やしている時間、エネルギーは半端ではありません。
和太鼓の魅力の中でも、「太鼓道として、本来日本人にある 根性・礼節・質実剛
健・連帯感などを次世代に継承できる」は印象的でした。

最後は2曲「ホッと太鼓」の舞台公演の様子を見せて聴かせていただきました。
その姿、音、雰囲気に魅せられました。たいへんハードな訓練をして演奏されている
というのがよくわかる、身体全体をつかった演奏でした。

DSCN2809.jpg


今回は人生塾初の試みで、中締め後に居酒屋「天狗」に場所を移し懇親会を催しまし
た。楽しかったですよ。
IMG_20141210 天狗にて
4月5日に、芦屋ルナホールで「ホッと太鼓」の皆さんの公演が予定されています。

ぜひぜひ、皆様も和太鼓に魅せられてください。
柑芦会の皆様には近々特別前売りのご案内をさせていただきます。

辻さん、本日はありがとうございました。

参加者:12名

文 責:菓 英一46期
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

9月度研究わくわく人生塾「東アジアの国際関係」

2014年9月10日(水)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講 師: 藤木剛康(ふじき たけやす)准教授
     京都大学大学院経済学研究科博士後期課程中退
     経済学修士
藤木先生
     
受講者14名

「東アジアの国際関係」


先生は、現代アメリカの通商政策を研究テーマとされ、東アジアや南北アメリカ、欧州や中東など
の世界各地における地域主義の高揚を念頭に、今日におけるアメリカの通商政策がこうした動きに
どのように対応し、影響を与えているのか現状を分析しています。
かつての「東アジア共同体構想」から、米中伯仲の時代に転換した東アジアの国際関係について
今回お話をいだきました。

先生に話して頂いた講義のポイントを皆様へレポートいたします。

1.1997年アジア通貨危機を経て、ASEAN諸国を中心とした地域協力枠組が形成されFTAなど締結
が進んだが、アメリカはAPECを通じた貿易自由政策の挫折後は、対テロ戦争に注力して東アジアへの
関心を見失っていた。

2.中国はASEAN諸国の中国脅威論に対して積極的な対ASEAN宥和外交を行い、日本は2002年に
小泉シンガポール演説で共に歩み共に進む」共同体の構築を提唱し、日中の相互牽制が始まる。

3.TAC(東南アジア友好協力条約)の理念である、域内平和・内政不干渉・漸進性・コンセンサス
重視・非公式・非拘束の制度構築が東アジア地域主義の理念となる。

4.オバマ政権の東アジア政策は現在進行形ではあるが、東アジアの多国間枠組へそのまま積極的に
参加しTPP交渉の推進やグローバル・コモンズ(外洋・上空・宇宙・サイバー空間などの国際共有財)
の自由なアクセスの維持をめざしている。2011年末には、アフガニスタンやイラクから撤退し、
アジア太平洋に資源を集中するアジア基軸戦略を発表した。

5.アジア基軸戦略の優先目標の一つは南シナ海問題の平和的解決で、米中間では東アジア多国間枠組
での応酬が繰り広げられている。

6.2013年以降は、ヒラリー・クリントンら東アジア政策を進めていた高官が辞任し、アジア基軸
戦略も具体化されずに低迷、迷走している。

7.中国は2012年に東アジア政策を転換し、アメリカと協調しようと模索。米中の中核的な利益を
尊重し、アジア太平洋に相互利益に基づく協力を進めるとしながら、東アジア諸国に対しては、巡視船
を活用して徐々に自国の領有権を広げていくサラミスライス戦術を展開している。さらに、経済援助で
カンボジアなどの国々を取り込み、領有権で対立するベトナムやフィリピンを孤立化させ、ASEAN諸国の
分割統治を目論んでいる。

8.中国は、欧米先進国に有利なルールに対しての新興国の不満や反発を利用して、アジアでの地域覇権
の構築を目指しているが、恣意的・便宜的な国際ルールの活用(=戦略的曖昧性)という問題がある。

9.今後の展望としては、米中の国内政治の動向や中国の経済成長の行方などの諸要因が錯綜し不透明
であるが、関係各国の軍艦や軍用機、巡視船などの偶発的な事故から深刻な事態に発展する可能性は
あり、現状はこうした危険な綱渡り状態となっている。


講義風景


東アジアを語ることは従来タブー視されていたと言います。
本当によく研究されている先生で、講義内容も分かりやすかったとの受講者の声が多く聞かれました。

藤木剛康先生、東アジアの国際関係や米中の関係について私たちの知っていることと知らないことを
分かり易く解説頂き、講義資料も有り難うございました。

著書:
  「アメリカ政治経済論」編著(ミネルヴァ書房)


   
  「G・W・ブッシュ政権の経済政策」共編著(ミネルヴァ書房)



*開催済みの研究わくわく人生塾の内容です。ご覧下さい

http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-801.html


http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-792.html


http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-831.html


http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-836.html


http://kourokai.blog3.fc2.com/blog-entry-861.html


     文責:塾長 渡邊豊
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

2014年11月度研究わくわく人生塾「経営学史に触れる」

2014年11月度研究わくわく人生塾「経営学史に触れる」

2014年11月4日(火)18時30分から21時
研究わくわく人生塾

講師:高見直樹(たかみなおき)経済学部ビジネスマネジメント学科准教授
大阪市立大学大学院経営学研究科 後期博士課程 単位修得退学
博士(経営学、大阪市立大学)

テーマ:「経営学史に触れる」

今回は、経済学部ビジネスマネジメント学科准教授の高見直樹先生に「経営
学史に触れる」というテーマでお話しいただきました。

冒頭の略歴紹介では、最初の就職先である民間企業では、その企業が起こした
不祥事の対応等で従業員が疲弊していく様子を目の当たりにされ、非倫理的な
行動をする組織のあり方に疑問を持たれたというお話や、退職後に進学された
大阪市立大学の大学院で、信頼できる指導教授と出会われたこと、歴史は繰り
返される(=過去の失敗に学ぶ)ことに興味を持たれ経営学史を学び始めたと
いうことをお話しいただきました。

研究については、大学院の指導教授から、「本人が『自分に相応しい』と思う
地点まで到達できるようにサポートする」と言われた点に共感され、このこと
は、学生への総合的なサポートを実施する場合の軸になっているとのことでした。

それ以外には、大学の講義さながらに下記の点について詳しくお話し頂きました。

◇経営学史の授業の基本的な内容に触れる
◇ドイツの経営経済学者であるシュタインマンの企業倫理論について
・「経営者の社会的責任」論とダボス宣言
・「経営者の社会的責任」論批判
・「経営者の社会的責任」論から企業倫理論への転回

参加者からは、全く関係ない分野まで色々質問が出て盛り上がりました。
高見先生、おもしろいお話しをありがとうございました。
(文責 小柴学司)
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

10月度ビジネス人生塾 『意外と知らない商工会議所の仕事とわたしの取り組み』のご報告

10月度ビジネス人生塾のご報告



今回は、大阪商工会議所にお勤めの秦裕史さん(50期)に 『意外と知らない商工会議所の仕事とわたしの取り組み』というテーマでお話いただきました。
141023人生塾①

冒頭の略歴紹介では、秦さんの引っ越しの歴史が語られ、10回の引っ越しを通して、学んだことなどが紹介されました。ちなみに来月も引っ越しをされるそうです。



商工会議所とは、「商工会議所法」に基づいて設立された特別民間法人で、全国で514カ所(総会員数は、135万社)、大阪府下では36カ所の商工会議所・商工会があります。

大阪商工会議所では、①政策要望、②経営支援、③地域振興の3テーマから成る140を超える幅広い事業を行っております。特に、近年では、ライフサイエンス(医療や薬等)分野の振興に力を入れているそうです。



大阪商工会議所の創始者は、大阪の育ての親と言われている五代友厚さんです。他にも大阪証券取引所や南海電鉄など大阪の基礎を作られた偉人です。大阪商工会議所に設置されたこの方の銅像は、薩摩藩の剛剣「示現流」の抜刀のかまえをしています。



因みに商工会議所と商工会は、よく間違えられますが、商工会は、「商工会法」に基づいて、主に町村部に設立された公的団体です。調べたところ、全国に1,679の商工会がありました。



現在、全国の商工会議所は独立した組織としてバラバラに運営されていますが、全国の若手が集まる懇親会では、将来、一つの商工会議所グループとして協働していきたいという考えを持っており、相互に研鑽し合いサービスの向上にも努めたいという考えを持たれていました。



会員数の減少で進めば、商工会議所の統廃合が行われることもあるそうで、将来の商工会議所のあるべき姿を若手が話し合うのは、良いことだと思いました。



秦さんは、今後、大阪支部のイベントにも協力してくれるそうで、若手のホープとして今後のご活躍を期待したいです。

秦さん、今日はおもしろいお話しをありがとうございました。



(文責 小柴学司)
141023人生塾②
中堅中小企業のM&A仲介(ハッピーM&A)のことならおまかせください! 小柴学司(大39期)    株式会社山本進重郎商店のホームページです。 山本 進三(経済学部 産業工学科 39期)    大和紙料㈱ 機密書類の溶解処理からリサイクルへ、古紙のリサイクル。環境に優しく 矢倉 義弘(大6)   株式会社トヨコン  総合物流サービス業  明石忠男 (大4期)   「あら川の桃」ご案内 本多康重(17期)

7月度いきいき人生塾『Facebookと同窓の輪』

7月度いきいき人生塾のご報告

2014年7月15日(火)

『Facebookと同窓の輪』

講師:菓 英一氏(46期)



今回のいきいき人生塾は、『Facebookと同窓の輪』というテーマで、前半後半に分けて下記のお話しをさせていただきました。



(前半)アカウントを開設されていない方、開設したけどまだ利用されていない方向けにFacebookの概要

(後半)柑芦会の裾野拡大とFacebook活用について



Facebookを通じて旧交が温められて便利だと意見もあれば、Facebook上では当たり障りない話題しか出しにくいので魅力を感じないという意見もありました。

参加者の意見としては、どちらかというと、リアルの世界で繋がっていればSNSの世界で交流する必要を感じないという感じだったのではないでしょうか。



今の若者は学生の頃からスマホを持ち、当たり前にFacebookをしています。

和歌山大学の公式Facebookページは、900人弱がフォローし、情報を受け取っています。

フォロワーは今後も増えていくと予想されます。

この900人の方が柑芦会の公式Facebookページもフォローしてくれるようになれば、柑芦会と卒業生の繋がりが強化されるのではないでしょうか。



食事をしながらの時間では、今後の人生塾について、現在の(講師‐聞き手)という構図のものだけでなく、(一つのテーマについて参加者で意見を出し合う)ような形式のものにチャレンジしてはどうかとの意見をいただきました。

Facebookを起業したCEOであるマーク・ザッカ―バーグは、「完璧より実行を」と言っています。

トライ&エラーをOKとし、新しい取り組みにもチャレンジしたいと思います。



参加者:10名

文責 : 菓 英一(46期)
プロフィール
このページをお気に入りに登録


kourokai

  • Author:kourokai
  • 柑芦会大阪支部ブログへようこそ!
メールフォーム

こちらからお願いいたします。↓↓↓

http://www.kourokai.com/FormMail/mail/FormMail.html

最近の記事
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
リンク

http://www.ibs-japan.net/